久しぶりに「少年サッカー大会」へ行ってきました。

WC2002-MATCH64

 

私が大好きな、元ブラジル代表の10番・リヴァウド選手!

引退表明しました。

時代が変わって行きますね・・・

先日、久しぶりに次男のサッカー大会を見に行きました。

フルコートを6面に割って、小さいゴールでの6人制!

素晴らしい大会でした。

あの様な運営は子供達の技術が上がりますね!

でも・・・子供達の力の差がハッキリと出ていました。。。

figo_rivaldo

 

じっくりと色々なチームを見ましたが、差が大きかったです。

あれだけ点差がつけば子供達も面白くないでしょうね。。。

出来ればチームの力もそろえて欲しかったな。

小さい子供達の力の差は、はっきり言って指導の差です。

まだ、サッカーを始めてあまり時間が経っていない子供達。

そんなに差がつく訳はありません。

キチンと基礎を大事にしているチームは、強かったように感じました。

ボールを「止める・蹴る」は基本です。

ここをないがしろにして、ポゼッションやパス回しだけを指導しても子供達は成長しません。

もう少し、指導者も大事な部分を考える必要があると思います。

でも今回の大会で一番残念だった事・・・

親達のマナーの悪さです。

グランドは喫煙所以外は禁煙です。

駐車場も禁煙でした。

もちろんグランドまわりも禁煙です。

しかし、ポケット灰皿を持っているからいいと思っているのか?

平気でタバコを吸ってる親達が多くいました。

グランドはスポーツをする場所です!

ルールを守れない親を子供達はどのように見ているでしょうか?

このような親が子供にルールを教えて、子供達に響くでしょうか??

これは、チームとしても取り組まなければいけないと思います。

チームが強くなるだけでは絶対にダメです。

瞬間は強くなるかもしれません。

でも、続かないでしょう!

今一度、しっかりと考えましょう!

子供は見ていますよ!!

t02200287_0294038410310086249

 

あなたのクリックがこのブログの活性化につながります!
できれば毎回クリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブラジルのサッカーの神様ジーコ氏が「自分の後継者」と指名した”吉田康弘”氏!
体験と理論に裏付けされた指導法は必見です!




コメントはこちら

このページの先頭へ