ボールコントロールが出来ればプレーの幅が広がります

4b742fa6a193a

 

写真は今度バルセロナへの移籍が決まった「ネイマール」選手です。

彼は、女性のように細い体で、屈強なDF達をきりきり舞いさせています。

これもサッカーの醍醐味なんですが

どうして彼は細い体で世界的なサッカー選手になれたのか?

彼に限らずですが、世界的な選手はみんな「ボールコントロール」に優れています。

 

ボールコントロールとは、ボールを止める技術です。

自分のイメージ通りにボールを止める事が出来なければ、次のプレーへスムーズに移る事が出来ません!

 

では、体のどの部分でコントロールするのがいいでしょうか?

①足の内側(インサイド)

ミスになりにくいですが、体の近くでしかコントロール出来ません。

サッカーで1番使う場所です。

②足の外側(アウトサイド)

最近よくアウトサイドでコントロールする選手を見ますが、まずはインサイドでしっかりコントロールしましょう。

③足の甲(インステップ)

④足の裏側

⑤太ももでコントロール

⑥胸でコントロール

⑦頭でコントロール

これで見ればわかると思いますが、「手」意外どこでもコントロールします。

遊びの中で楽しみながらボールをコントロールする技術を身につけるのも楽しいと思います。

 

次はコントロールするときの注意点です。

①ボールの勢いを止める

これは「慣れ」るしかありません。

②まずは頭の中で次のプレーをイメージして、ボールをコントロールしましょう

③ボールの跳ね具合に注意する

④ボールを止める前に、頭を振って周りの状況を確認する作業を癖付けましょう

 

 

以上が「ボールコントロール」の考えです。

次回は実際のトレーニング方法を書きます。

 

サッカーは素晴らしいスポーツです!

サッカーを楽しみましょう!!

gorin-080820-6

 

あなたのクリックがこのブログの活性化につながります!
できれば毎回クリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブラジルのサッカーの神様ジーコ氏が「自分の後継者」と指名した”吉田康弘”氏!
体験と理論に裏付けされた指導法は必見です!




コメントはこちら

このページの先頭へ