もったいない!もっと代表クラスの選手は育ちます!!指導者が変われば・・・

先日、部活動でサッカーをしている次男の練習を見に行きました。

練習を見ていて”唖然”としました・・・

息子はまだ小学校4年生(今春から5年生)

2チームに分けて紅白戦が始まりました。

フルコートで・・・

ゴールも大人用。

なにがダメなのかわかりますよね!?

DFがボールをとって、攻撃のイメージがわくでしょうか?

DFからFWまで、ゴールにたどり着く頃は、ヘトヘトでしょう。

指示も「団子になるな!」「スペースへパスをだせ」・・・???

はっきり言います!

このような状況では、スペースへパスを出すより、団子の方が上手になります!

海外の子供達に比べ、日本では未だ未だ生活の中にサッカーは入り込んでいません。

自然にサッカーを始める子供と、教えられてサッカーを始める子供!

明らかにスタートの時点で”サッカーのイメージ”が違います!

ブラジルによく行くのですが、ブラジルの子供達はボール一個あれば場所・年齢関係なくミニゲームを始めます!

遊びの中に、生活の中にサッカーがあります。コーチや監督に教えられてプレーする訳ではないので色々と有名選手の技を真似しています。

リフティングも、ロナウジーニョ等のうまい選手の技をイメージして練習しています。

押さえつけられて練習する訳ではないので、楽しいですよね!

自然にうまくなるし、競争も生まれます。

まずは、子供達に豊富にイメージ出来るように、いいプレーを見せてください!

Jリーグでも良いですし、有名選手のスーパープレーをまとめたDVDでも良いです。

頭の中に”いいイメージ”を植え付けてください。

ゲーム中には必ず同じような場面が出てきます。

引き出しをいっぱい作ってあげてください。

失敗しても良いんです。頭に入ってれば!失敗したプレーをまた練習すれば良いのです!

必ずチャレンジした事を褒めてあげてくださいね。

頭のトレーニングは日々の積み重ねですが、チャレンジして失敗した事は、練習すれば修正出来ます。

子供の頭の中で、サッカーを”イメージ”する力を鍛えてください。

何も分からない子供達に”戦術”や”動き””ポジショニング”頭がこんがらがるダケです!

指導者ももっと勉強しましょう!自分の考えを子供達に押し付けるのはやめましょう!

子供は宝です。でもきれいに楽しく磨いて行かなければいけません!

enjoy Football

 

あなたのクリックがこのブログの活性化につながります!
できれば毎回クリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブラジルのサッカーの神様ジーコ氏が「自分の後継者」と指名した”吉田康弘”氏!
体験と理論に裏付けされた指導法は必見です!




コメントはこちら

このページの先頭へ