サッカーは日々進化しています。現代のサッカーには5つのポイントがあると言われています。

 

サッカーは日々進化しています。

指導者も学ばなければ、自己満足だけの指導になってしまします。

 

いろいろな指導者の本に「現代サッカーの5つのポイント」が書かれています。

 

今からサッカーを始めたり、練習をしている子供達が

これだけの事を頭に入れとけば成長が全然変わってくると思います。

 

bd0da7fb-82eb-4276-9b53-f26e885d66d7

 

①サッカーの理解(原理原則=個人戦術)

大前提になるのが常にゴールを奪う事から逆算して、プレーを選んで行く事です!

その為には、今主流になっている「ポゼッションサッカー」をして、自分たちのボールを失わない事です。

ボールを失わない為には、誰がどのポジションをとるのか?

ボールに寄ったりパスをして動く事が大切になります。

ボールを奪われたら高い位置で取り返す事も大事です。

これがサッカーの基本であり、原理原則(個人戦術)です!

 

チームとは、この原理原則を理解し、身につけた選手の集まりです!

主導権を握り続ける為には、考えと動きを選手に徹底的に教え込む必要があります。

 

②パスとキックの質

パスとキックはサッカーの基本中の基本です!

パスとキックの正確さと質によって、多彩な球種やスピードの追求をします。

相手が守りに入った場合、なかなか崩しづらく、ゴールを奪う事が困難になってしまいます。

その、守備を崩す為には、テンポよくボールと人を動かして守備を揺さぶります。

ときにはロングボールで守備陣を右や左に動かしたりします。

守備陣は人数をかけて守っているので、正確なパスワークは当然ですが、スピードが無いボールでは

簡単に相手の守備に引っかかってしまいます。

スピードが速いパスを繋いで相手の守備をこじ開けて行きましょう。

ただ、スピードの速いパスを出す場合、受けてもキッチリと止める事が出来ないと意味がありません。

パスとトラップは1セットでトレーニングをするようにしましょう!

 

20061216005254

③動きながらのコントロール

相手の守備を崩すのに、パスだけでは無理があります!

どれだけ早い質のいいパスを送っても、受け手が上手くコントロール出来なければ意味がありません。

パスもいかに動きながら受けるか?

相手のブロックの隙を狙って動く必要があります。

受けたボールを空いているスペースに持ち出す事で、相手のブロックを崩す事が出来ます。

④動きの質と運動量

相手の堅守を崩す為には、適当に動いても意味がありません。

誰が・いつ・どこに・どのようにを考えて動かなければいけません!

動きの質を上げる事が大切です!

相手のバイタルエリアの中ではある程度のチャレンジをします。

結果、ボールを奪われる事もあるでしょう。その時に素早く攻守を切り替えてボールを高い位置で奪い返さなければなりません。

 

⑤判断の質

現代のサッカーは攻守の切り替わりが激しく、常に素早い判断が求められます。

ボールを受けてから判断をしていてはすべてのプレーが遅れてしまいます。

 

守備の場面でも、相手にボールが渡ってから対応を考えていては、致命傷になってしまいます。

選手達は常に状況を把握し、瞬時に判断をし、プレーをする事が必要です!

 

もう1つ大切な事は、プレーの選択肢を多く持つ事です。

サッカーのプレーは同じ場面はありません!

選択肢やアイデアがないプレーでは相手の守備を崩す事は容易ではありません!

また、相手の攻撃を止める事も困難です!

 

常にテレビやDVD,ネット等で質の高いプレーを見て、頭の中にしまい込みましょう!

 

必ず同じような場面が出てきます。

 

イメージを持つのと選択肢を多く持っている選手は、質の高いプレーが可能になります!

 

サッカーは素晴らしいスポーツです!

サッカーを楽しみましょう!

 

両足のじん帯を損傷し「復帰はむずかしい」と言われていた長男が復帰しました!

リハビリを頑張り「絶対ピッチに戻る」という目的だけで帰ってきました。

心も折れた事でしょう!半年以上ボールを蹴れなかったのも辛かったと思います。

しかし、それらを覆すだけの魅力がサッカーにはあると思います。

DSC_0036

 

あなたのクリックがこのブログの活性化につながります!
できれば毎回クリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブラジルのサッカーの神様ジーコ氏が「自分の後継者」と指名した”吉田康弘”氏!
体験と理論に裏付けされた指導法は必見です!




コメントはこちら

このページの先頭へ