素人でも出来るキック練習!インステップキック編

前回は「サイドキック」の練習でした。

今回は強いボールを蹴るための「インステップキック」です!

最近のサッカーを見ていると、ボールを蹴る時に助走を斜めからしなければ、ボールを蹴れない選手が多くいます!

正面から助走してボールをキックする事を憶えましょう!

DSC_0046

 

左右どちらにもズレる事が無く、まっすぐボールの後ろから助走して、まっすぐにボールを蹴る練習をしてください。

 

助走とボールの飛ぶ方向が一直線になるようにキックします。

この時、立ち足(ボールを蹴る足と反対の足)の膝を上手に使わなければこのキックはできません。

 

ただ、このキックを覚える事でキックの幅がひろがります。

 

どうしてこのキックを練習するのかというと、ボールの中心が分かります。

 

ボールを蹴る時、ボールの中心を少しずらして蹴る事により、ボールに微妙な変化が起きます。

このようなキックが出来るのも基礎がしっかり出来ているからです。

 

基礎の上に個性(変化)があります。

 

以前キックに定評がある代表選手の練習を見に行きました。

どのような練習とキックをするのか大変興味があり見学しましたが、キックの種類に驚愕しました!

 

インステップキックがとにかくスゴく、同じフォームから様々なボールを蹴り分けます!

 

少しボールの芯をずらして、右に左にカーブをかけたり、グラウンダー(ゴロ)で球足の速いボールや優しいキックでボールを浮かしたりして受け手に優しいボールを蹴ったりしていました。

 

サッカーのゲームで正確なキックは大きな武器になります!

小さい頃のキックの練習は、非常に大切で基礎を大事に練習してもらいたいです!

 

楽しみながら色々なキックを試しましょう!!

 

サッカーは素晴らしいスポーツです!

楽しんでトレーニングしましょう!!

DSC_0046

 

あなたのクリックがこのブログの活性化につながります!
できれば毎回クリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブラジルのサッカーの神様ジーコ氏が「自分の後継者」と指名した”吉田康弘”氏!
体験と理論に裏付けされた指導法は必見です!




コメントはこちら

このページの先頭へ