時間は有効に使ってますか?ダラダラ練習は絶対ダメです!!

時間は有効に使っていますか?

人間に平等に与えられているもの

「1日24時間」です。

ダラダラと長い時間練習しても意味がありません!

集中して練習し終わったら体を休める。

これが出来てるようで出来ていません。

DSCF1348

 

 

1日のトレーニング時間は決まっています。

その大切な時間を効率的に使うには、どのようにすればいいでしょうか?

大切な時間の使い方がかなりの差になって現れます。

 

①トレーニングの開始時間を守ること

時間を守る!これは当たり前のことですが、平気で遅刻してくる子供がいます。

もちろん諸事情があるでしょうが、よほどの事が無いかぎり、時間通りにトレーニングを始める習慣を身につけさせましょう!

遅刻が許されるとチーム全体の雰囲気にも影響が出ます。

間違っても指導者が遅刻をしないように!!

 

②トレーニング中の無駄な時間を無くす

トレーニングからトレーニングへ移るときや、集散をスムーズに行う事が大事です。

集合・説明・トレーニングというパターンはトレーニング中に何度もあります。

時間の無駄を省き、てきぱきと動くように指導しましょう!!

 

③説明や話の内容に注意する

話す内容に自己満足してませんか?

何を話したかではなく、相手にいかに伝わったが大切です。

要点を整理して分かりやすい言葉を使う事!専門用語なんていりません!

④場所や条件を選ぶ

自分より背が低い子供と話すときは、腰を折ったり膝を曲げて目線を同じにします。

威圧的になっては子供の頭には入りません。

太陽の位置や、風向きにも注意をはらいます。

太陽がまぶしかったり、目にほこりが入らないように注意してあげましょう。

また、違うチームがゲームを行っていると注意がそっちへ行ってしまします。

壁などを背にして話すといいと思います。

子供は注意散漫になって当たり前です。前もって予防しましょう!

 

サッカーは素晴らしいスポーツです。

サッカーを楽しみましょう!!

DSCF1352

 

 

 

 

 

 

あなたのクリックがこのブログの活性化につながります!
できれば毎回クリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブラジルのサッカーの神様ジーコ氏が「自分の後継者」と指名した”吉田康弘”氏!
体験と理論に裏付けされた指導法は必見です!




コメントはこちら

このページの先頭へ