サッカーで大事なこと!サッカー以外にも目を向ける

第一線でサッカー選手として活躍出来る年齢は30歳前後くらいまでです。

人生の中でサッカーをプレーする年数よりも、サッカーをやめてからの(趣味のサッカーは別です)人生の方が長いです。

 

「サッカーをやってるから勉強はいいや」とか

「サッカーさえうまければいいや」とか子供たちに言う人がいますが

プロのサッカー選手として活躍できる年齢には限りがあります。

 

とくに最近は保護者の期待が大きいように思います。

DSC_0051

 

 

指導者も保護者も必ず「勉強とサッカーの両立」を子供にさせましょう!

 

指導者は成績表を集めたり、学校の担任と連絡を取り合い、一緒に子供を育てて行くと言う考えが必要です!

 

とくに成績は「単に勉強ができる」「勉強ができない」ことだけではなく

メンタルの部分や、生活態度などがはっきりと理解出来ます。

 

例えば練習はキチンとやっていても、成績がガクンと落ちたら要注意です。

本人に何かあったと思っていいと思います。

 

指導者も保護者も常に色々な状況を把握していなければいけません。

 

以上のことから、保護者・学校・指導者のこの3者が協力しなければ、良い選手、良い子供は育ちません!

 

二人三脚で「みんなで育てて行こう!」と言う意識が大切です!

 

良い環境を作ってあげましょう!!

 

サッカーは楽しいスポーツです!

サッカーを楽しみましょう!!

DSC_0070

あなたのクリックがこのブログの活性化につながります!
できれば毎回クリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブラジルのサッカーの神様ジーコ氏が「自分の後継者」と指名した”吉田康弘”氏!
体験と理論に裏付けされた指導法は必見です!




コメントはこちら

このページの先頭へ