育成段階ではチームプレーより”個”の力を育てる

最近、育成段階のゲームや大会をよく観戦します。

感じる事!

「個性がある子が少ない!」

そう思います。

なんで育成の段階で、チームに当てはめようとするのか?

そんなに今勝つ事が大切なのか?

写真⑭ カナダ大会からのボール-thumb-300x400-575

 

いい笑顔ですね!

サッカーは楽しい物です!

もっと笑顔になるように指導しましょう!

頭ごなしに怒鳴ったり・・・

指導者と親の考えを押し付けるのはやめましょう。

もっと子供の判断・考えを尊重して「個の技術」を延ばして上げましょう。

ゲーム中、プレーするのは子供たちです。

指導者も親も手出しは出来ません。

練習も指導者・親は手伝いをする!と割り切ってください。

頑張って上達するのは子供以外はありません。

もっともっと個の力を伸ばして、個性的な子供たちのチーム!

ワクワクしますよね!!

目の前の結果を負わないでください。

子供は宝です!!

 

 

サッカーは楽しいスポーツです。

楽しみましょう!!

あなたのクリックがこのブログの活性化につながります!
できれば毎回クリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブラジルのサッカーの神様ジーコ氏が「自分の後継者」と指名した”吉田康弘”氏!
体験と理論に裏付けされた指導法は必見です!




コメントはこちら

このページの先頭へ