U-15ゴールデンエイジ、金色になるかどうかは練習次第!考え方次第!!

U−15の年代(12歳から15歳)は、テクニックが飛躍的に伸びる大切な時期です。

世界的にも「ゴールデンエイジ」と言われています。

テクニックとは、基本となる「止める」「蹴る」「運ぶ」のことです。

U−12の年代で、3つのテクニックを練習した後は、U−15でさらに磨きをかけます。

上達は選手のこだわりと練習・指導者もこだわって指導しなくてはなりません。

ここをおろそかにすると、後の戦術・戦略どころではありません。

そうですよね!基本が出来てないのに、戦術・戦略を実行出来るはずがありません!

この投稿の続きを読む »

サッカー選手の育成は3つの世代にわけて考える

子供の育成では3つの世代に分けて考える必要があります。

この世代分けを頭の中に入れておけば、保護者も指導者も必要以上に腹が立つ事も無くなると思います。

育成年代の子供に、日本代表並みのサッカーをイメージするので腹が立ってくるのです!

まずは・・・

この投稿の続きを読む »

日本一のランチ会

今日は日本一のランチ会へ行ってきました。

ワークショップで「18秒自己紹介」を学んできました。

なんで自己紹介が大切なのか?

わかりますか??

皆さんは経営者ですか?

この投稿の続きを読む »

子供の”今”だけを見ていませんか?指導者も親も「あせらない、あせらない」

子供の、今のサッカーを見て、腹立たしく思ったり、他の子供と比べて「なんでうちの子は・・・」とか思っていませんか?

そんな考えは今すぐやめましょう。

子供は可能性の塊で、体や思考の成育に大人になるまでは差があります。

子供たちの将来を見据えて、今「やるべき事」をしっかりと指導しましょう。

子供たちの未来の手伝い」を指導者、保護者が一緒になって考えて行きましょう。

この投稿の続きを読む »

リフティング、まだその練習をしてますか?今すぐやめなさい!

先日のリフティング記事

出来るようになりましたか?

最初は戸惑いが有るかもしれませんが、段々出来るようになります。

ご褒美を決めてもいいですし、とにかく褒めて楽しんでやるようにしてください。

次のステップでは・・・

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ